園の生活

仲よし保育園の保育環境

画像

自然の中でたっぷりと遊びこむ

遊びに始まり遊びに終わる毎日。
自然の創造物に直接触れて、五感で感じ取り、作る喜びを知り、ものや人と主体的に関わる力を育みます。
泥んこ・水遊びは心の解放、快・不快、創造力・想像力を豊かにするなど乳幼児期の発達には不可欠です。
手・指は身体の外に突き出したもう一つの大脳とも言われます。色々な遊びを通して手指の働きを巧みにし、脳の発達を自然に促します。
仲よし保育園では、遊びと生活を通して心や身体を耕し、学びの根っこ(認識力、感性・情緒)を大切に育んでいきます。

画像
泥山の下はトンネルになっています。煙突のようなものは明りとりです。
画像
大きな木製滑り台はどちらかというと登り台です。
画像
この小屋はぐりぐらハウスと名付けられています。
画像
ぐりぐらハウスはおままごとの人気スペース

画像
タイヤ飛び・砂場
画像
3歳以上児用のプール
画像
蜘蛛の巣ネット
画像
ウサギ小屋
画像
泥だんご作りに熱中
画像
冬の園庭

画像
冒険砦とロープブランコ
画像
お店屋さんごっこ
画像
ホール前のテラス
画像
廊下でお絵描き
画像
一歳児のj保育室
画像
満開の桜の下でお花見(お昼ご飯)
画像
雪の日には泥山からそり滑り
画像
近くの田んぼのあぜ道で凧揚げ